2020年6月 せいぼだより

更新日:20/06/01

今月のみことば✡

「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。」

   (ヨハネ15章12節)

 将来が見通せず、いま何をしていいか分からなくなったときは、いま自分の身の回りで起こっていることに目を向けましょう。どれだけたくさんの人が苦しみ、助けを求めているかに気付けば、いま自分のすべきことが見えてくるでしょう。」

新年度が始まり、二ヶ月が過ぎました。しかしながら、これまでとは違った時間がまだまだ続いています。とは言っても、私たち以上に苦しんでいる人たちが大勢いることは間違いありません。これまで経験したことのないことだからこそ、それを活かすチャンスもたくさんあるように思います。

毎日の園生活においても、当たり前のように行ってきた様々な園行事もなかなかできない状況の中、子どもたちはいつものように元気いっぱいの姿を見せてくれます。まだまだ慣れず泣いてしまうお友だちに近づいて、声をかけるお友だちの姿を見ながら、できることをしたい、できることをする大切さに気付かされました。そして今日もまた子どもたちは、何かを気付かせてくれると思います。

園長 泉 浩二